So-net無料ブログ作成


1000万人の絵本ためしよみサイト|絵本ナビ

だいこんどのむかし (日本みんわ絵本) [生活]

読み聞かせ時間 5分
ウケ度 まあまあ
印象度 ほのぼのした太い線と水彩の味のある絵。ゆっくりとした展開、さっぱりとした後味。すきです。

ある村で、青菜の種をまいたけど、なぜかその年は芽が出てこなくて、生えてきたのは大根1本。村人はその1本を大切にしていたら、どんどん大きくなっていった。
さて、収穫しようとしたら、突然雨雲が広がって、雷がなった。
村人が「ゆきおろしさま、なったぞう。」というと、大根が泣き出して「大根おろしにしないでくれ」と言い出す。
言葉を話す大根を食べては罰があたると、村人は抜くのをやめて、世話をし続けた。
巨大な大根のおかげで、村には大風も大雪もなくなった。
しかし、大根は肥料をたくさん必要とするので、村人たちはだんだん世話が大変に思うようになった。そして長い間、大風大雪にあっていないので、その大変さも忘れ、大根をありがたいと思わなくなった。
とうとう大根は出て行ってくれと言われ、村を出て行ってしまう。
すると大雪と大風で村は大変なことになり、村人は大根が帰ってきてくれることを願うが、もう二度とみつからなかった。

大根が村をでるとき、先が二つに割れた足?で夕日に向かっていく絵が哀愁ただよっていてよかった。大根の後ろ姿?がかなしそうだった。


だいこんどのむかし (日本みんわ絵本)

だいこんどのむかし (日本みんわ絵本)

  • 作者: 渡辺 節子
  • 出版社/メーカー: ほるぷ出版
  • 発売日: 1984/09
  • メディア: 大型本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。