So-net無料ブログ作成


1000万人の絵本ためしよみサイト|絵本ナビ

はじめてのキャンプ [旅行]

読み聞かせ時間 11分
ウケ度 最後まで聞いていました。絵もおもしろいので笑ったり、ウケていたほうです。
印象度 本の体裁ですが、実質絵本かなというところです。相変わらず絵がかわいいですね。

なほちゃんが、隣のともとおばさんの家に遊びに行くと、おばさんは大きい子に紙をくばって
「明後日河原でキャンプします」といっています。
なほちゃんは、自分もいくといいますが、大きな子は全員反対。
理由は「小さな子は荷物をもてない」「すぐ泣く」「たきぎを拾えない」「くらいところを怖がる」

なほちゃんは自分はちゃんとできるから連れて行ってくれとともこおばさんにいいます。
おばさんは「くらいところで、ひとりでおしっこに行ける?」とききますが
なほちゃんは自信満々で行ける!といいます。

やっと連れて行ってもらえることになりました。

なほちゃんはがんばりました。荷物も用意して、重くても頑張って歩き
川で転んでびしょ濡れになってもなきませんでした。
まきだって大きいのを拾いました。
怖い話はちょっと「いや」といってしまいましたが、がまんしました。

夜みんなが寝てしまってからおしっこにいきたくなりました。
おばさんを呼びましたがおきてくれません。
なほちゃんは一人で懐中電灯をもって草むらでおしっこします。
流れ星が見えました。急にさっきの怖い話を思い出して、走ってテントに戻るとおばさんが
「ひとりでおしっこできてえらいね」といってくれました。

翌日は寝坊したのですが、みんなは笑って「おそよう」と言ってくれました。
川で顔をあらったなほちゃんは「あたし、大きい子みたいにキャンプできた!」というのでした。

一生けん命やって、がんばっているのですが、みんなに大幅に遅れていたり、
ちょっとおばさんの服のすそを握っていたり、顔をあらったときひざをついたので、
服の膝がどろだらけになっていたり。絵が努力をちょっぴり裏切っているところが可笑しいです。

字よりも絵がほとんどなので、絵が半分説明している感じです。
林明子のやわらかい線と角の丸い背景がいつもどおりやさしい感じをだしています。
裏表紙でたき火の煙になほちゃんが追いかけられているのがかわいいです。

はじめてのキャンプ (福音館創作童話シリーズ)

はじめてのキャンプ (福音館創作童話シリーズ)

  • 作者: 林 明子
  • 出版社/メーカー: 福音館書店
  • 発売日: 1984/06/20
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

チムとゆうかんなせんちょうさん (世界傑作絵本シリーズ―イギリスの絵本) [旅行]

読み聞かせ時間・・・10分
ウケ度・・・それほどでも。同じ作者の「時計づくりのジョニー」というのがあって、こちらのほうが好きみたい。
印象度・・・ペンに水彩で色をつけたような絵で、全体に顔の表情がはっきりかかれていない絵。ときどき絵に吹き出しがついていて、息子たちはそこが好きらしい。

チムは海の近くに住んでいる男の子で、船乗りになりたくてたまりませんでした。でも、お父さんとお母さんはもっと大きくなってからね。といいます。
ある日チムはいつも航海の話をきいているボートのおじさんと、おじさんの友だちの汽船の船長のところへいきます。チムは汽船に隠れてしまい、おじさんはチムのことを忘れてかえってしまいます。
沖に出てから、でてきたチムは船長におこられて、甲板掃除をさせられます。泣きながらがんばったチムはそのうちみんなに認められて船の一員になります。
しかし、船は嵐にあって沈みかけます。船員たちはボートで脱出しましたが、チムは船酔いでベッドにいたので乗り遅れてしまいました。船には船長も残っていました。
船が沈む直前、二人は救助隊に助けられます。
二人は港につれていかれて、町の人たちに手厚く介抱されます。元気になった二人は汽車でチムの町に帰ることになります。
家に帰ったチムをお父さんとお母さんは大喜びで迎えました。船長はチムを船乗りに欲しいと言い。両親は許可をしてくれるのでした。

「時計作りのジョニー」と同じ作者だと気がつかなかったんだけど、子どもが教えてくれた。吹き出しの入っている絵が印象的でわかったらしい。


チムとゆうかんなせんちょうさん (世界傑作絵本シリーズ―イギリスの絵本)

チムとゆうかんなせんちょうさん (世界傑作絵本シリーズ―イギリスの絵本)

  • 作者: エドワード・アーディゾーニ
  • 出版社/メーカー: 福音館書店
  • 発売日: 1963/06
  • メディア: 大型本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

八十日間世界一周 [旅行]

読み聞かせ時間 5日間、一回20から30分くらいよんでいたら、残りは自分で読んでいた
ウケ度 相当面白かったようです
印象度 古ーい全集で、今回アマゾンでみつからなかったんですが、趣あってよかったようです。従者のパスパルトゥーが面白かったようです。

1872年、イギリス人の紳士フォッグ氏は友だちと80日間で世界一周できるかどうかという賭けをします。
フォッグ氏はとにかく時間通りに動く人物で、その生活は落ち着いて正確そのものでした。
下男のパスパルトゥーはそこが気に入って勤めることにしたのですが、期待ははずれて雇われたその日に旅立つことになります。
さらに、フォッグ氏がイギリスをたつころに起きた銀行での盗難騒ぎの容疑者が、フォッグ氏に似ていたことから、フィックスという刑事がフォッグ氏を追いかけてついてきます。かれはなんとか逮捕状が届くまでフォッグ氏を足止めしようとあの手この手を使います。
パスパルトゥーは彼がフォッグ氏をの友だちが送った、妨害者と思い込みます。

さらには行く先々でのハプニング、
インドでは夫の死とともに殺されそうになった女性、アウダ夫人を助け、その後イギリスまで同行したり
中国ではフィックスの妨害のため、パスパルトゥーと離れ離れになった上に船に乗り遅れたり
アメリカではインディアンに襲撃されて人質になったパスパルトゥーを助けるため汽車をのりにがし、その後ソリで追いついたり
大西洋横断中に石炭がたりなくなり、船の材料まで燃やしたり
さまざまな苦難をフォッグ氏の沈着冷静な判断と勇気、気前よい金払い(2万ポンドもっていった)でのりきりイギリスにもどります。

しかし、最後の最後にフィックスがフォッグ氏を逮捕して、フォッグ氏は時間に間に合わなくなってします。その後銀行の金を盗んだ犯人は別人であることがわかり、フォッグ氏は釈放されます。
賭けにまけ、破産を覚悟したフォッグ氏ですが、アウダ夫人はそれでもフォッグ氏についていくといい、二人は結婚することにします。その結婚式を頼むため教会にいったパスパルトゥーは、自分たちが日付を1日間違えていることをしり、大急ぎで主人にしらせます。日付変更線を通ったので、1日日付が戻っていたのでした。
フォッグ氏は賭けに勝ち、美しい夫人と結婚できました。もっとも、賭け金の2万ドルは、ほぼ旅行代金できえていたんですけどね。


八十日間世界一周 (岩波文庫)

八十日間世界一周 (岩波文庫)

  • 作者: ジュール ヴェルヌ
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2001/04
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

フェリックスの手紙 小さなウサギの世界旅行 [旅行]

本屋で娘が気に入って購入したのですが。なかなか楽しいですね。続編もたくさんでていますし。
空港で行方不明になったウサギのぬいぐるみが、ひとりで世界(ロンドン⇒パリ⇒ローマ⇒エジプト⇒ケニア⇒ニューヨーク)を旅して、旅先から親友(持ち主)の女の子に手紙を送るという内容です。

でも!読むのに30分かかるんですよ。文も長いし、間に封筒いりの手紙があってそれを出してよむので、時間かかるかかる。こどもたちが手紙の取り合いするし。散々読んだろうに。なぜとりあうか?
でも、楽しい本だと思います。「おかあさん、今日は時間ある?」ときかれると、「くるか!」と思ってしまいますが。
読み始めるとなかなか楽しいです。図書館からかりたりして、全シリーズよみましたが、最初のがいちばんいいかなあと思います。


フェリックスの手紙―小さなウサギの世界旅行

フェリックスの手紙―小さなウサギの世界旅行

  • 作者: アネッテ・ランゲン
  • 出版社/メーカー: ブロンズ新社
  • 発売日: 1994/09
  • メディア: 大型本





フェリックスの手紙〈2〉―小さなウサギの時間旅行

フェリックスの手紙〈2〉―小さなウサギの時間旅行

  • 作者: アネッテ・ランゲン
  • 出版社/メーカー: ブロンズ新社
  • 発売日: 1995/07
  • メディア: 大型本



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。