So-net無料ブログ作成
検索選択


1000万人の絵本ためしよみサイト|絵本ナビ
ことば ブログトップ

これはこぐまくん [ことば]

読み聞かせ時間 3分30秒
ウケ度 子ども3人とも、おもしろがっていました。
印象度 読むのが大変だけど、ちょっと面白い

うさぎの「べうべう」のうちにうさぎの「むうむう」が遊びにきます。
二人は「べうべう」の小熊のぬいぐるみを取り合って、腕を破いてしまいます。

騒ぎを聞きつけた、べうべうのお母さんが、こぐまくんの腕につぎをあてて直してくれます。
ふたりはごめんねといって仲直りするのでした。

あらすじはこうなんだけど、文のほうは、

これは、こぐまくんを棚においたうさぎの「べうべう」 というフレーズで始まって

これは、こぐまくんを棚においたうさぎの「べうべう」 のうちに遊びにきたうさぎの「むうむう」 と続き

小熊君の腕が破けるまで増えていく。

腕がやぶけてからは、だんだん文が減っていき、最後は

「なーんにも言わない」これは、つぎの当たったこぐまくん。で終わる。

息継ぎが大変な本だった。

タグ:木坂涼
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

ことばじてん絵本 [ことば]

読みきかせじかん ?
ウケ度 それなりにおもしろいらしく、時々よみまされました
印象度 絵がわかりやすいと思う

子どもたちに身近なことば約600語がおさまったじてん。

あいうえお順にならんでいて、ことばに応じた絵がついている。絵は同じサイズになっていて、ならんでいる。

たといえば「い」だと

「い・イ」
いえ、いけ、いしゃ、いす、いただきます、いちご、いぬ、いもうと、いるか、いろえんぴつ

という具合。

巻末には「いろ」「スーパーマーケット」「きるもの、はくもの、かぶるもの」
「おにわで、あそぼう」「のってみたいものはなに?」「みんないきてる?」をテーマにした見開きの絵があった。

ひらがな、カタカナがときごき思い出せない息子のために、2年生まで本棚にはいっていた。



ことばじてん絵本

ことばじてん絵本

  • 作者: とだ こうしろう
  • 出版社/メーカー: 戸田デザイン研究室
  • 発売日: 2003/09
  • メディア: 大型本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児
ことば ブログトップ