So-net無料ブログ作成


1000万人の絵本ためしよみサイト|絵本ナビ

天人女房―日本のむかし [昔話]

お友達からチャレンジをもらったらそれに夢中で最近本をもってこなくなったので、この機会に母が選んだ本を寝る前に読むことにしました。

このお話は羽衣伝説と七夕伝説がくっついているようなお話で、よみたかったのですが、絵が地味なのかタイトルが地味なのかなかなかもってきてくれませんでした。でも、母が読んでいるとじっと聞いているし、なかなか楽しそうでした。当分このスタイルでいこうっと。

天から降りてきた天人が水浴びをしていると、牛飼いの男が通りかかり、羽衣を隠してしまいます。帰れなくなった天人は男と結婚し、二人の子どもを生みます。しかし、ある日子どもが歌っていた歌から羽衣のありかがわかり、天人は天に帰ってしまいます。男は大切にしていた牛を供物にして、天に届く竹をそだて妻と子を追って天に昇ります。天の神様(天人の父親)に天に住まわせてくれるように頼みますが、父親は課題を解決したらという条件をだします。
一日で木を切り倒し、翌日火をつけて焼き払い(焼畑農業?)、翌日種をうえ、翌日収穫します。
牛飼いは妻の助言でなんとか切り抜けますが、収穫した冬瓜を割るようにいわれたとき、妻の助言をきかず、縦にわったので冬瓜から水が噴出し、天の川になってしまいました。流れにさらわれた男は妻の投げた板でたすかりますが、
妻が「月に1度あってくれ」とさけんだのに、夫は川の音でうまくききとれず「年に1度か、わかった」と答えたので、二人は川の両岸にわかれて、一年に1度会うことになったのでした。


天人女房―日本のむかし話

天人女房―日本のむかし話

  • 作者: 稲田 和子
  • 出版社/メーカー: 童話館出版
  • 発売日: 2007/07
  • メディア: 大型本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。