So-net無料ブログ作成


1000万人の絵本ためしよみサイト|絵本ナビ

さいごのこいぬ [動物]

読み聞かせ時間 3分24秒
ウケ度 いちおうきいていた
印象度 はっきりした線で囲ったなかをグラデーションのついた淡い色でぬった。やさしい感じの絵。ちょっとかなしいけど、最後はハッピーエンドでにっこり

「ぼく」は生まれる時も、お母さんのおっぱい飲んだのも、お皿からミルクをのめるようになったのも最後。
9匹の兄弟が売りにだされて、いろんな人がみにくるようになると「ぼく」は最後まで残るんじゃないかと不安になる。そこで、注目されようと吠えてみたり、ひざにジャンプしたり、ふざけて鼻にかみついたりするけど、みんな失敗。やっぱり最後になってしまう。
しかし、もらっていった男の子は車の中で「ぼく」にいう、「きみはぼくのはじめての子犬なんだよ」

ね、「よかった」って感じでしょ。
なんだか赤鼻のトナカイおもいだすんあ。

こどもたちは「ふーん」という感じできいていた。


さいごのこいぬ

さいごのこいぬ

  • 作者: フランク アシュ
  • 出版社/メーカー: 童話館出版
  • 発売日: 2005/08
  • メディア: 大型本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。