So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン


1000万人の絵本ためしよみサイト|絵本ナビ

気持ちの本

読み聞かせ時間 18分47秒
ウケ度 静かに聞いていたからまあまあかな
印象度 神妙にきいていました(3年男子)

子どもたちの書いた絵とあわせて、いろんな気持ちについて考える本。
うれしい
悲しい
幸せ
いや
どんな気持ちも大切で、いけない気持ちなんてない。自分の気持ちを大切にしよう。
そして気持ちを言葉にして、人に伝えよう。聞いてもらおう。
八つ当たりしたり、意地悪したり、なにかで紛らわせたりしないで、自分の気持ちに向かいあおう。

聞くほうは、そんな気持ちをもってはいけないなどといわず、気持ちを受け止めよう。
人は受け止めてもらえれば、聞いてもらえれば、気持ちをなだめたりうけいれたりできる。

もし、言葉にできない気持ちがあったら、辛抱強く話をきいてくれるひとに話してみよう。そうすることで言葉がみつかったりする。

怒りや寂しさには、隠れた気持ちがある。自分の怒りやつらい気持ちに気が付こう。言葉にしてみよう。伝えてみよう。
人が気持ちを話してくれたら受け止めよう。


気持ちの本

気持ちの本

  • 作者: 森田 ゆり
  • 出版社/メーカー: 童話館出版
  • 発売日: 2003/07
  • メディア: 大型本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。