So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン


1000万人の絵本ためしよみサイト|絵本ナビ

ブレーメンのおんがくたい―グリムの昔話 [動物]

読み聞かせ時間 10分10秒
ウケ度 なかなかよかった
印象度 どこがって言えないんだけど、ほかのブレーメンの話よりいいなあって思った。淡々としているところかな。

ロバが捨てられそうになって、家出してブレーメンで音楽隊にはいろうとするところとか、途中で同じ境遇の犬、猫、鶏にあって一緒にブレーメンを目指すところまでは一緒だが。
泥棒の家を見つけて追い払った後って、いろいろバリエーションあるような気がする。
この本では、追い払われた泥棒が戻ってきて、一味の一人が偵察にくるんだけど、暗闇で猫に引っかかれ、犬にかみつかれ、ロバにけられて、鶏に鳴かれて逃げ出します。
そして仲間に「魔女にひっかかれ、男にナイフで刺され、ばけものにこん棒でたたかれ、屋根の上から裁判官が、その悪党つれてこい!ってどなる」と報告したので、みな逃げ出して戻ってこなかったことになってました。
動物たちはブレーメンにはいかず家で暮らしたことになってました。
ブレーメンで音楽隊にはいる結末も読んだ気がするけど、こっちのほうが好きだなあ。
ポール・ガルドンの暗めな絵もグリム童話っぽくていい。



ブレーメンのおんがくたい―グリムの昔話

ブレーメンのおんがくたい―グリムの昔話

  • 作者: グリム
  • 出版社/メーカー: 童話館出版
  • 発売日: 1999/09
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 0

コメント 1

ガンガンガン速

お邪魔いたします。

ブレーメンの音楽隊も色々な終わり方があるんですね。
どのパターンだったか覚えていませんが、
幼稚園の頃、劇をやりましたねぇ。遠い昔。
by ガンガンガン速 (2011-06-24 14:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。